株式会社コアシステムではUAV、3Dレーザースキャナー、ソナー ボートを使った三次元点群データ測量を中心に、PCサポート、建設ITサポー ト、土木設計・積算業務を行っております。

UAVによる測量

UAVによる空撮・オルソ画像・点群処理手順

コアシステムでは以下の手順で空撮・オルソ画像制作、点群処理、縦横断面図作成を行っております。

UAV(ドローン)による航空測量

山岳地帯の河川流況状況の測量を行います

地図情報レベル250から500を目途に適宜標定点を設置します

撮影はオーバーラップ90%サイドラップ60%以上で空撮を開始

3次元モデリングソフトによる処理

写真を読込、座標を登録

画像識別で3Dモデル作成

3Dモデルの完成

縦横断面図の作成

3D処理ソフトで断面ピッチ、断面幅の指定をします。

縦断面図と指定ピッチ毎の横断面図が確認できます。

DXF、DWG等のCAD出力も対応可能です。

ドローンの撮影飛行は自律飛行を原則としています

ドローン操作は手動飛行が簡単ですが、自律飛行により一層の測量精度を高めます。

毎日毎月同一場所に飛行して現場定点撮影を行います。

撮影範囲、飛行高度、飛行速度、重複度を設定すれば、自動的に撮影枚数を決定します。

Googoe Map等で予め飛行ルートを設定すれば、現場でスムーズに自立航行できます。

 

オルソ画像から簡単に3Dモデルの確認が出来ます

オルソ画像を制作しておけば、いつでも簡単に3Dモデルを作成出来ます。
定期撮影の比較も容易で堆積土砂量の計算も出来ます。

UAVで撮影したオルソ画像 (地上高80m、写真76枚を合成)

点群データから3Dモデルを作成、どの方向からも回転させて確認できます。

レーザースキャナーとの複合でより正確に計測

UAVの点群と3Dレーザースキャナーの点群

上空からの空撮のため、構造物などは精度的に劣り荒い点群となります。構造物の詳細測量には不向きです。

スクリーン等細かい所までスキャニング出来ていますが、屋根上や構造物の奥側はスキャニング出来ていません。

UAVと3Dレーザーの点群データを複合

 定時・定点撮影で進捗状況確認、出来高管理にも素早く対応

工事現場の進捗状況確認と出来高管理にもUAVと3Dレーザーの点群データが有効です。簡単に出来高数量を計算できます。

上空写真(定点撮影)

UAVと3Dレーザーの点群データを複合

三角網(TIN)を作成

基準との差分を測定し、出来高を算出

災害時にもすぐに対応、現況を確実に把握できます

空撮によるオルソ画像

災害地点の拡大写真

災害地点の正面写真

月時変化もヒートマップで視覚的に表現します

お気軽にお問い合わせください TEL 0765-52-5270 受付時間 8:00 - 19:00 [ 日・祝日除く ]

 

空撮事業

スタッフブログ

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 株式会社コアシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.