株式会社コアシステムでは、パソコンサポート・建設ITサポート・ラジコンを使用しての空撮、測量・住まい情報などをお届けします。

空撮による成果

空撮による成果物として、いくつかあります。

①オルソ画像

オルソ画像は、写真上の像の位置ズレをなくし空中写真を地図と同じく、真上から見たような傾きのない、正しい大きさと位置に表示される画像に変換(以下、「正射変換」という)したものです。
オルソ画像は、写された像の形状が正しく、位置も正しく配置されているため、地理情報システム(GIS)などにおいて、画像上で位置、面積及び距離などを正確に計測することが可能で、地図データなどと重ね合わせて利用することができる地理空間情報です。

航空カメラで撮影された空中写真は、レンズの中心に光束が集まる中心投影なので、レンズの中心から対象物までの距離の違いにより、写真上の像に位置ズレが生じます。写真に写る対象物が地面から高いほど、また写真の中心から周縁部に向かうほど、この位置ズレは大きくなります。上空から撮影した空中写真では、土地の起伏(高低差)による位置ズレが生じるとともに、高層ビルなどの高い建物や周縁部のとがった山の像は、写真の中心から外側へ傾いているように写ります。

空撮成果(オルソ画像)

 加須良川桂橋周辺 広河原測水所周辺 黒部川第二発電所周辺

②3Dモデル(点群)

点群とはX,Y,Zの座標値ももった点の集合体です。本来は3Dスキャンの測定機を用いて実物形状をコンピュータに取り込み測定機から得られたXYZで点が実物形状の形を形成する。点群はビューアなどで確認することが出来ますが、処理しないままだと不要な点が多いためデータが重くなり、運用には不向きです。

そのため点群は専用のソフトを用いて適したデータを作り上げます。

オルソ画像・点群作成に使用するソフト

・Agisoft PhotoScan Professional edition

・3D点群処理ソフトウェア MAGNET Collage

点群処理に使用するソフト

・TREND-POINT

・LandForms

お気軽にお問い合わせください TEL 0765-52-5270 受付時間 8:00 - 19:00 [ 日・祝日除く ]

空撮事業

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 株式会社コアシステム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.